お薬

【処方箋不要コンタクト通販】とコンタクトの危険性

更新日:

使い捨てコンタクトで失明!?角膜新生血管とアメーバ角膜炎

 コンタクトレンズの中でもソフトコンタクトレンズ使用者の目のトラブルが増えている。

特にワンデーコンタクトツーウィークコンタクトを使っている人にトラブルが多く、決められた用法を守らず使っているのが原因である。例えば、ワンデーコンタクトを洗浄液で洗い1週間持たせ使用する。確かにかなりの節約になるのだが、本来は1日で使い捨てのワンデーを1週間使うのは本来の用途に反した使い方なのである。

コンタクトは眼鏡と違い、見た目や使い勝手が良いことから人気があるが、心臓ペースメーカー、人工透析に用いられる機器と同じく「高度管理医療機器」に分類され、本来はとてもリスクがある器具なのだ。

そして、目の裏にコンタクトが入り込んでしまったり破片が一部残ったり何かとトラブルが多いコンタクトレンズ。一番怖いのが目の病気である。

以下に代表的な危険な目の病気を紹介する。

角膜新生血管

角膜新生血管とは、コンタクトを使用することで、角膜の酸素不足が起こり、酸素を補う為に血管が太くなり伸びていく目の病気です。

角膜には本来血管がなく、涙を通して角膜に酸素が送られます。しかし、コンタクトの使用等により角膜が乾燥すると、酸素が十分供給されなくなり、結膜の血管を角膜まで伸ばすことで酸素を取り入れようとします。

目が引き起こす苦肉の策と言ったところでしょうか。

この症状が進行すると角膜が白濁し、最悪の場合、失明するおそれがありとても怖い病気なのだ。

アメーバ角膜炎

角膜新生血管とともに今急増しているのが、アカントアメーバ角膜炎である。アカントアメーバは土壌、水中にもいる普通の原生生物です。

通常は人には無害ですが、目に傷があったりするとそこから侵入し角膜炎を引き起こすこともあります。コンタクトレンズのケアを疎かにしたり、不潔なコンタクトケースを使用していたりすると細菌の増殖を促してしまいます。

この病気でも失明事例があり、気を付けなければいけない病気の一つです。

初めてのコンタクトの買い方と値段

コンタクト眼科で処方箋を貰う

コンタクトを作りたい、購入したい時はまずは眼科を受診することになる。ここで視力や眼の状態等調べてもらい、コンタクトを付けても問題ないと診断されれば直ぐに処方箋を出して貰える。

通称コンタクト眼科と言われる眼科も増えており、眼科とコンタクトレンズ店が一体化している店舗がある。そこでは処方箋を持って隣接した、近くのコンタクトレンズ店に行けばほぼ待たされることなく購入可能である。

ソフトコンタクトの値段

ハードよりソフト、そして使い捨てコンタクトがやはり人気が高い。衛生的な問題もあるが、何よりレンズのケアが不要なので便利なところだ。

値段は片眼、30個(1か月分)が約1,500円~4,000円くらい。コンタクトの種類によって値段が変わってくるのだが、一番はお店によって値段設定が全く違ってくるのだ。
両眼購入、年間経費を考えると店舗間で大きな金額差になるため、より安いお店選びが消費者にとっては重要になってくる。

処方箋不要コンタクトの通販は超激安

コンタクトレンズは処方箋無しで買える!?

コンタクト通販ではよく処方箋不要で購入出来ると広告が出ていますが、なぜ処方箋がいらないのでしょうか。
薬事法上、コンタクト購入に際して処方箋を提出しなければならないという法的義務がないからです。

だったらなんで処方箋がいると言っているお店があるのか。
それは販売店の方針だったり、メーカーが要処方箋を推奨しているからです。ただ、眼科を受診した人がコンタクト使用による目のトラブルにならないかは別問題です。

どうやって購入したかではなく、コンタクトの正しい使用や購入した後のケア、そして定期的な医療機関の受診の方が大切なのです。

コンタクトの注意点まとめ

  • 長時間の使用を避ける
  • 付けたまま寝ない
  • 決められた用法を守る
  • レンズケアはしっかりと
  • レンズケースも清潔に
  • 定期的に眼科受診
  • 異常があれば直ぐに病院

コンタクトの通販は便利で安い

コンタクトを安値で手軽に購入するのであれば、通販での購入に勝るものはありません。

両眼1年分の経費を考えると、店舗で購入するのと比べ1万~10万くらい違ってくるのだ。驚いた方もいるかもしれないが、それだけ通販でのコンタクト購入はお得なのだ。眼科(医療機関)と通販の両方を上手く使いコンタクトマスターを目指しましょう。

-お薬

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.