受験、各種試験

【公務員への転職】仕事を変えたいが見つからない人へ捧げる仕事論☺

今の仕事を変えたい

なんで3年は仕事を続けろと言われるの?

仕事はよく「3年は続けろ」って言われることがあります。では何でそう言われると思いますか?

まず、その仕事に慣れるのにやはり3年はかかると言うのも一つあります。3年経てば、部下を持ち指導する立場になることも出来るからです。

でも実際は仕事に慣れるのに3年かからないこともあります。1年で仕事を覚えてしまう人もいるでしょう。

3年続けろ」のもう一つの意味は、「信頼関係をつくる」ことにあります。

仕事では信頼関係というものが最も大事になってきます。仕事は決して一人ではできるものではありませんね。一つの仕事をするにも社内外含め、複数の人が絡んでいます。

その中で滞りなく仕事が完了させる為には、信頼関係が無ければ絶対に出来ません。この信頼関係を築けるようになるのが約3年ということです。

転職したい理由

読者の中にも転職をしたいと常に思っている人がいるのではないでしょうか。

転職理由としては

  • 上司と上手くいかない
  • 労働時間が長い
  • 労働時間に対する給与が安い
  • 仕事が面白くない
  • 社風が合わない
  • 会社の経営方針や経営状況の変化
  • 昇進、評価に不満
  • 会社に必要とされていない
  • 公務員になりたい
  • 他にやりたい事がある
  • 大きな仕事の失敗をした

『ムカつく理不尽な上司』の特徴、対処法にあるように、一番の直接的な転職理由は上司に不満を持っている事ですよね。

直属の上司とは職場では常に関わっていくことになります。その上司に不満を抱えてしまうと、「仕事を辞めたい」「転職したい」ってなっちゃいます。それだけ上司に誰が付くのかは仕事を続ける上での重要なファクターになりえます。

会社に必要とされていないと思う瞬間

ふとした瞬間に「会社に私は必要なのか?いてもいなくても変わらないよね」なんて思うことがあります。

そう思ってしまうと、これまで頑張ってきた事や、将来の夢を描きながら会社に尽くした時間が突然崩れ、辞めたい衝動に駆られてしまうことがありますね。

どんな時に会社に必要とされていないと思うのでしょうか。

  • 部下が有能であると感じた時
  • 休んでいいと言われる時
  • 遅刻してもお咎めがない時
  • 誰でも出来る仕事しかやらされない時
  • 挨拶が返ってこない時

色んなケースがありますが、必要とされる居場所を探すのも時には必要です。適材適所ではありませんが、自分が一番必要とされている場所で働くのが本人にとっても会社にとってもいいこともあります。

誰もがやりたい仕事とやってる仕事が違う

様々な理由から「仕事を辞めたい」「転職したい」と考えることがたびたびあるのだが、誰もが色んな状況を考えると自分にSTOPをかけてしまうんですよね。

どんな時に自制してしまうかというと

  • 転職すると給与が下がる
  • 家族を路頭に迷わせたくない
  • 他にやりたい事がない
  • 何もしないよりまし
  • ボーナスをもらってから辞めよう
  • 部下が悲しむ
  • 転職先で上手くいくか不安

少しでも自分が尽力した会社であれば「恩義」や「愛着」という感情が湧くものです。中々転職出来ないのはそういったものも深く関係してきます。

よく考えてみてください。

誰もが「自分がやりたい事」を今の仕事でやっているわけではないし、誰もが多少なりとも我慢して、言い方を変えれば「割り切って」仕事をやっているのです。

お金の為に、家族の為に、生きていく為に、仕事をやっているのは間違いありません。

一番いい転職は天職??

天職を見つけた人は私なんか羨ましいなって思っちゃいます。

転職」は誰でも可能ですが、「天職」を見つけることは誰でも出来ることではありません。

天職とは、その人の性質、能力にふさわしい仕事のことですが、多くの人が直ぐに見つけることが出来ず、仕事をしている内に天職だと実感してくることもあります。

自分の天職はなんだろうかって考える過程で「転職」する人も多いです。

自分に一番合う仕事を探すことはとても大切なことです。でも一生かけても見つからないこともあります。

だからこそ見つけてみたい、それだけ価値のある「天職」なんですよね。

転職の限界は35歳までは嘘

転職したいと思っている人でも35歳を過ぎると出来ないって言われますよね。私から言わせれば単なる“”です。

実際に40代、50代で転職に成功している人もいます。本人のやる気次第って所があります。平凡に暮らしてきた、仕事も適当にやってきた人が転職出来ないのは当たり前のことですね。

「転職の限界は35歳まで」を言い換えると「35年間適当に過ごしてきた人は転職が難しくなる」ということです。

でもずっと真剣に、真面目に仕事をしていた人っていうのは実はごく少数です。多数の人は、自分のやりたい事が見つからず四苦八苦しながら目の前の仕事を”こなしている“のがほとんどです。

アルバイトから社員登用される

転職するのに一番簡単な方法がアルバイトから社員になる方法です。社員登用制度を使う方法です。

いきなり社員を目指すのは、本人はもちろん企業側にもリスクがあります。アルバイトスタッフであれば採用される確率も高くなります。

30代、40代、50代でアルバイトなんて…そう思う人もいますが、「信頼」を得れば社員登用が見えてくるものです。

要は、目指す企業に入ったもの勝ちです。

転職出来ないと悩んでいる人は、この方法でぜひ転職を目指していきましょう。

出世するのが仕事の目的じゃない

上に上がりたい上昇志向は大切

仕事をしていくと会社は役職を付けてくれます。平社員の頃とは違う責任を負うことになります。

その見返りが給与に反映されます。

でも一番気になるのが仕事量に比例した給与かどうかです。

どんなに上に上がっても給与が重責に見合うものでなければやりたくないと思いものです。

確かに上に上がっていくと、仕事のやり方や仕事量も違い、今までやれなかった大きな仕事をすることが出来、仕事の楽しみも増えてくることもある。上に上がりたい、仕事を極めたいという上昇志向は仕事をする上では大切なことです。

でも最終的には仕事に見合う給与がなければ、仕事を辞めたいと思ってしまうのが人間の心理です。仕事量」と「給与」のバランスは人それぞれ違ってきます。どこで折り合いをつけるかが鍵となってきます。

出世に出遅れても気にしない

新卒で入った社員に多いのが「出世争い」です。同期の出世は気になるものです。自分よりも出世していく同期を見ると仕事を辞めたくなることもあります。

でも人の成長というのは人それぞれです。面白いもので、出世は早かったのにすぐに仕事を辞めてしまう人もいます。逆に、緩やかな出世ではあるが、着実に出世していく人。

出世ばかり気にしていたら上から認められるようになっても、本当に意味での人望はついてきません。下から慕われる、下の事を常に意識して仕事をしている人は人望も厚く、本当に仕事が出来る人の特徴です。

平社員も会社には必要

会社は社員に成長してもらいと会社自体も成長出来ないことを知っています。一方で、出世しない平社員も会社にとっては必要な人材です。

全ての人が出世していたら当然会社は回らなくなってしまいます。常に人材を投入出来ればいいのですが、そう簡単には人は確保出来ません。

そこで重要な仕事をするのが平社員です。現場のことは何でも知っている社員の存在はとても重要です。私なんか平社員だし会社にとってはいらない存在なんだって思っている人は、自分の存在する価値を今一度考えてみてください。自分の居場所があることに気付くこともあります。

出世しなくても仕事はできる

出世することだけが仕事ではありませんが、出世出来ることなら出世し給与もたくさん稼ぎたいと思うのが人間です。

でも仕事のことを考えてみてください。

出世している人全員が仕事を頑張っている人とは限らないです。一般社員でも自分で仕事を探し出し頑張っている人はいくらでもいます。

学生の頃は与えられるもの、要求されるものを返すだけで評価対象になります。でも社会人は違います。もちろん昇進試験や能力試験は社会人でもありますが与えられた要求された仕事にプラスαで返したり、自ら仕事を見出すことで評価されていきます。

極論から言うと、出世しなくても仕事は出来るということです。誰からも認められる質の高い仕事をしていくことで人は成長出来ますし、信頼を得ることも出来ます。仕事では信頼関係が大事だと先ほど言いましたが、本当に信頼関係が大切です。良い仕事をしていき、信頼される人間になっていきましょう。

[私の仕事論]人は衣食住と同じくらい仕事が大事

衣食住は人間にとって不可欠なものだと言われますが、それと同じくらい「仕事」は大事なものなのです。

もちろん生活をしていく為にお金を稼いでいかなければ生きていけないです。そういう意味で大切ですね。子供がいれば、高校、専門学校、大学と費用もかなりかかってきます。お金がなければ何もしてあげられません。

でも、仕事にはもう一つの意味があります。

それは、仕事をしていないと人間らしく生きていけないということです。仕事があっての人間です。

例えば、働く必要もないくらいお金持ちであれば、働かなくても生きていくことは出来ます。でも、働かないことのデメリットを考えてください。

労働することで得られるものって何ですか?

人間関係、信頼、感謝の気持ちなど働くことで得られるものがたくさんあります。時には辛いことも多い労働ですが、人として成長させてくれるのが労働です。

出来れば仕事なんてしたくないと思う人もたくさんいると思いますが、実際に働かなくなることは人として生きることを否定してしまうことにもなり兼ねません。

辛い仕事も人にとっては、とっても大切な要因なのです。

公務員になって民間企業を辞めたい

公務員になりたい

民間企業に勤めている人であれば、一度は憧れるのが公務の仕事です。公務員は確かに民間企業とは性質を異にします。

市民や国民のために働くのが公務員の使命です。対して、資本主義経済において、会社を大きくし利益を上げ、個人もそれに同調してお金を稼いでいくのが民間企業です。

公務員と民間企業のどちらがいいのかは人それぞれです。

民間をやめて公務員になりたい」と思っている人もいるでしょう。漠然と公務員になりたいと思っている人もいるでしょう。

自分の環境を変える為に公務員になりたい人も多いかと思います。民間企業が辛いからと公務員になって辞める人も中にはいます。

公務員の給与は国民の税金から支払われています。それゆえ、たびたび、市民、国民から非難されることもあります。「この税金泥棒!」なんて言われるのは日常茶飯事です。

それでも公務員が人気なのは、やはり「やりがい」だったり「安定した給与」が魅力だからです。魅力のない仕事に就きたいと思う人はいませんからね。

でも公務員試験に受からない、落ちた人が失うもの。不合格の代償は大きい。話にあるように毎年多くの受験生が公務員不合格のループに陥っている現実があります。なりたい人が絶対になれる保証がないのが公務員なのです。

公務員の高待遇

公務員の給与」は本当に魅力があります。決して2次、3次試験の面接で本音を言うことは出来ませんが、やっぱり公務員の魅力は「給与」面ですよね。

2016年の調査による国家公務員の平均年収は約670万円、民間企業のサラリーマンの平均年収が約400万円と比べると明らかに高待遇で、恵まれた環境にあることは間違いありません。

民間企業の平均年収400万というのはあくまで平均です。年収300万前後の人がほとんどです。さらにボーナスカットの企業も多く、生活に困窮する民間の人が水面下ではかなり多いことがわかりますね。

さらに民間企業は倒産することもあります。公務員は倒産という考え方自体が無く、将来も安定した収入が望めます。そして、退職時には莫大な退職金ももらえるのが公務員。国家公務員の退職金の平均は約2,000万円です。

そして、公務員は将来性も保証されている為、住宅ローンや各種ローンの審査で落とされることがほとんどありません。それだけ社会的にも信用があるのが公務員なのです。

公務員になる動機/民間企業経験者枠

市民の為に、国民の為に何かしたいという奉仕する精神が本来の公務員のありかたです。

でも実際にこういった考えを持ち続けて公務にあたっている人は少ないです。最初は意気揚々と仕事をしているのですが、徐々に公務員としての自覚が薄れていくのが現状です。

こういった公務員の現状を打開するために、現在は民間企業経験者の採用を積極的に行っています。民間のノウハウを公務に取り入れたいと思っているのです。

でも実際は、くすんだ公務の雰囲気を立て直したい、新卒で採用した公務員よりも民間経験者の中途採用公務員の方が仕事が出来るからです。仕事が出来るというのはスピーディーな仕事をする意味合いが強いです。ダラダラと仕事をするのではなく、効率的に時間を使っていくのが民間戦士ですからね。

近年、民間企業で働く社会人が民間企業経験者枠で公務員を目指す人が増えています。年齢上限も30代~50代まで幅広く、誰にでも公務員になるチャンスがあるということです。

公務員試験が難しいと感じる理由

公務員は試験である一定の基準を満たさないと合格出来ない、採用されないようになっています。

この基準というのは、一次試験の筆記試験に限っては、約6割がボーダーラインです。7割取れれば合格ラインとなります。ただ、一次に通っても次に二次試験が待ち受けています。

二次試験では論文や面接があり、三次試験で最終面接が行われ、最終的に合計得点で採用、不採用が決まります。

不透明感が滲み出ている2次試験、3次試験で低い点数だったとしても変わらないのが1次試験の点数です。ここでどれだけ点数を稼ぐかが公務員試験突破の鍵となります。

やはり合格を見据えると、7割の得点は死守したいところです。最終的に合格している人はほぼ7割を取ってきています。6割でも合格している人もいますが、理想は7割ですね。

一次試験で7割の得点をすれば合格が見えてくると考えれば簡単なように思えますが、この7割が本当に難しいのです。公務員の試験範囲は膨大です。この試験科目を全てクリアすることは難しく得手不得手の科目が誰しもあります。しかも、ペーパーテストの試験がひねくり回されていることも多々あり、ある程度の試験慣れをする必要もあります。

公務員試験は公務の素質があっても合格出来ない

私の友人に4回公務員試験を受けて諦めた人がいます。彼はいわゆる「いい人」で人の気持ちに寄り添える、公務員になって欲しい理想的な人でした。

最初の受験、そして、2回目の試験までは「公務員になるんだ!」って頑張っていましたが、3回目、4回目の受験の時にはとてもダークな雰囲気が明らかに漂っていました。そして、最後は公務員になることを諦めてしまったのです。本当に私もどんな言葉をかけていいのか迷うくらい可哀そうに思っていました。

それだけ公務員試験は点数を取らないことには始まらないのです。「公務員になりたい」という理想だけではなれないのが公務員です。

そういう人は資金があれば政治家に向いているのかもしれませんが、政治の世界は汚い部分も容認しないといけないこともあります。だから政治家になりたいと思う人が少ないのも納得できますね。

公務員試験に合格する方法

公務員試験に合格するにはどうしたらいいのか?

普通の人なら予備校に通います。でも予備校に通っても毎年多くの受験生が不合格になって諦めていきます。

ではどうしたらいいのか?

答えは「良い教材」で勉強することです。合格に必要な点数、得点を取ることに特化した教材です。怪しいものも多いですが信頼、実績のある教材が合格に導いてくれます。

テキスト、過去問はどの出版社が出している物も大差はありません。これらをやり込むことは当然必要です。でも最後は得点するテクニック的なものは必要です。予備校でもこういったテクニック的なものを教えている講師、予備校は人気があります。でも予備校の性質上、基礎的な内容も扱わなければいけない為、そればっかりに特化した予備校はありません。

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~の教材は本当に使えます。試験前に一読するだけでも得点率が変わってきます。予備校と比べコスパも高い教材です。この教材を友人に早い段階で紹介出来ていれば良かったのにって悔しい思いがいまでもあります。一度友人に紹介したのですが、もうすでに公務員のことは考えたくないと言われました。それはそうですよね。4回受験した嫌な記憶は一生消える事はありません。

公務員試験に落ち続けた人がやるべき事

公務員に落ち続けると誰でも自信を失ってくるものです。

テキスト、過去問、予想問題、毎年何度も解いてきたが、それでも不合格になる現実。民間企業で働いた方がましなんじゃないかと考えることもあるでしょう。

頑張った証を絶対に合格に変えてください。

具体的には1回でも公務員試験を受験したことがある人は「過去問」をさらにやり込んでいきましょう。わからないことは過去問に書き込むことで世界で唯一の最高のテキストの完成です。これを最後の最後まで活用していくのです。

そして、【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッドの教材で合格を確実にしてください。合格に必要なノウハウがぎっしり詰まっている教材はそうそうありませんから。

-受験、各種試験


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『衆議院解散』の意味を丁寧に解説👼

衆議院が解散するぞって何かと話題になりますが、そもそも衆議院って何って人も多いと思います。 そこで今回改めて詳しく見ていくことにします。 一般知識、就職試験、公務員試験、各種試験でも良く出題される問題 …

【公務員試験短期合格メソッド 沢村弘樹】口コミ、評判、効果を徹底検証!!

Contents1 民間より公務員を選ぶ人が急増中1.1 公務員の安定した給与とやりがい2 公務員試験の難易度を検証2.1 難易度S級の公務員試験2.2 難易度A級の公務員試験2.3 難易度B級の公務 …

【民法 条文解説1】公務員、新司法、司法書士、行政書士試験対策

Contents1 民法 基本原理2 民法頻出問題(基本原理)2.1 不法行為による損害賠償2.2 損害賠償請求権に関する胎児の権利能力2.3 相続に関する胎児の権利能力2.4 相続人に関する規定の準 …

【公務員試験短期合格】正しい勉強方法で合格を掴む!!

Contents1 独学で公務員試験は可能か?2 公務員試験の科目は暗記が5割以上3 効率良く記憶、暗記するには? 独学で公務員試験は可能か? 公務員試験は新卒採用、既卒採用、民間企業経験者採用(社会 …

「独学で絶対合格!」司法書士、行政書士試験に合格するための勉強法、裏技

Contents1 司法書士 難易度、合格率、年収2 行政書士 難易度、合格率、年収3 司法書士、行政書士合格に必要な本当に使えるテキスト、問題集3.1 テキスト編3.2 問題集編3.3 その他必要な …

管理人のモンくま

こんにちは、モンくまです。 年齢は30代のおじさんです。 人生において悩みはつきものです。 解決手段を探っていきましょう。 趣味はネットショッピングです。