こども

保育士は割に合わない給料が安すぎて副業しないと生活できない現実…

投稿日:

保育士の安い給与

保育士を目指さない理由

待機児童問題を根本的に解決するには保育士確保が先決だと言えます。

しかし実際には保育士になりたい人は少なく、ズバリ保育士になりたくない理由は「お金が安いから」というのが一番の理由ですね。

お金が高いなら割り切って仕事も出来るものです。看護師が良い例です。入院施設のある病院に勤務する看護師なら24時間拘束されているような感覚に陥る大変なお仕事です。でも給料が良いから割り切って仕事している看護師も多いです。

一方で保育士はやりがいもあるが何より給与面での待遇が悪すぎるのです。

保育士の全国平均年収、月収

保育士さんの給料が安いと言われますが実際にどれくらい安いのかというと、平均年収で320万月収22万です。あくまでこれは平均であり、新卒で保育士になった人、20代前半ではこれ以下になります…。

保育士は安いというのは本当でした…。保育士の給与引き上げがされる予定ですが、ちょっと上がったくらいじゃ意味ないですね。

全国平均年収 320万円
平均月収 22万円
ボーナス 60万円

保育士の賃金が高い都道府県

主要都市を中心に保育士の給与が高くなってはいるが、これって土地や物価が都市になるほど高いので当然給与は高くなるって話です。

ただ、格安の寮に住めるのであれば都市部で働くのもありと言えばありですね。

東京都 440万円
大阪府 370万円
愛知県 340万円
福岡県 310万円

※平成27年賃金構造基本統計調査を参照

保育士が好条件で転職する方法

職安(ハローワーク)では良い転職は出来ない?

転職するときに必ずと言っていいほど利用するのが職業安定所、通称ハローワークです。

ハローワークでは職員と直接話ができ、色んな相談も乗ってももらえることがあり、紹介状や面接の段取りまで取ってもらえることから仕事を探すなら職安と昔から言われています。

しかし、保育士が転職する時に必ずしもハローワークが良いとは言えません。

デメリットとしては

足を運ぶのがめんどう
営業時間が決まっている
保育の求人が少ない
求人票に嘘が多い

等があり、保育士として転職するには少々難ありと言わざるを得ません。

そんな時はやはり、保育士専門の求人サイト、転職サイトを利用するのが一番です。登録も無料で出来ますし、何より求人、転職先の豊富さではハローワークとでは比べものにならないくらいの格差があります。

派遣スタッフとして働く

派遣スタッフの保育士として働くのもありです。派遣ではどうしても短期雇用になりがちですが、現場で自分をアピールし気に入ってもらえれば、そのまま正規雇用になるケースもあります。

派遣スタッフの最大のメリットは、こうした雇用される人にも、雇用する側にもメリットが大きいというのが分かります。

転職サイトを利用する

保育士を辞めたい、他の良い条件の転職先を見つけたいと考えるならまずは転職サイトに登録することをおすすめします。

  • 何でも相談出来る
  • 求人数が多い
  • 好条件の転職が可能

保育士で転職を成功させている人の多くは保育士専門の転職サイトを利用して転職しているのです。

仕事を辞めてから転職サイトを利用するのもいいですが、辞める前に登録し仕事を探していくのがベストです。好条件の勤務先が見つかれば、今の職場を辞めるのが一番いい転職方法です。

辞めてから探すのは経済的にも精神的にも辛くなることが多く、辞めなきゃ良かったってなることもあります。妥協せずに好条件の転職を目指すなら今すぐにでも転職活動を開始していきましょう。

保育士転職サイトおすすめランキングベスト3

1位:保育士バンク


人気の保育園、幼稚園の求人はWEBで公開すると応募が殺到するということで求人数は完全非公開になってはいますが、現時点では圧倒的な求人数を誇ることは言うまでもありません。

おすすめ度 ★★★★★
勤務地 全国
求人数 非公開
特徴
  •  厚生労働省認可の紹介会社
  • 日本最大級の求人情報量
  • 転職後まで無料でしっかりサポート

保育士専門転職支援サービス【保育士バンク】

2位:保育ひろば


保育士バンクに追いつく勢いのある転職サイトで今人気急上昇中です。
全国各地に専属の専門コンサルタントが配属されており何でも相談できるのがとてもGOODです。
Web経由で転職した場合にお祝い金2万円がもらえるのも嬉しいですね。

おすすめ度 ★★★★
勤務地 全国
求人数 18,000件以上
特徴
  • 日本トップクラスの求人数
  • 保育士にとって好条件の求人多数
  • 対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)

日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ

3位:ほいく畑


プロのキャリアコンサルタントが就労までを一貫して無料サポートしてくれる丁寧さが嬉しい。
関東・関西・福岡を中心に全国の主要都市では強い保育士転職サイトです。

おすすめ度 ★★★
勤務地 関東・関西・九州など主要都市
求人数 3,800件以上
特徴
  • 主要都市の転職には強い
  • 保育専門の人材コーディネーターがひとりずつ専任で対応
  • 公的機関にも信頼される安心の実績がある

保育専門求人サイトほいく畑

保育士の概要を以下で説明していきます。保育士免許を持っている人、持っていない人にも役立つ情報ですよ。

保育園の「認可」と「認可外」

保育園の概要

保育園(保育所)は、保護者が子供を見ることが出来ない何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り保育することを目的とする施設です。保育園は児童福祉法に規定される「児童福祉施設」の一つとなっています。

認可保育園、認可外保育園の違い

認可保育園は児童福祉法に基づき都道府県又は政令指定市又は中核市が設置を認可した施設のことです。

「認可保育園」には認可保育園以外にも「小規模認可保育園」と「夜間認可保育園」があり認可するに際しては児童福祉施設最低基準に適合している事などの要件を満たす必要があります。

一方、「認可外保育園(無認可保育園)」の設置は届出を行えば営業ができ、保育料なども施設で独自に設定されており、利用者のニーズに応えるところも増えてきている。また、地方自治体が定めた基準を満たしたいわゆる無認可保育所については地方自治体が独自に助成や監督を行う場合もある。

認可外保育園(無認可保育園)の拡大

無認可保育園は様々な形態があり、ベビーホテル、駅型保育所、駅前保育所、そして事業所内保育所、病院内保育所、へき地保育所、季節保育所などがある。

認可外保育施設が3歳未満児の保育、延長保育や24時間保育の受け皿となっているケースもあり、認可保育園では出来ないサービスも多く、益々多様なニーズに応える保育所が拡大されてきています。

保育士の勤務場所、就職先

保育士の免許を持っていれば保育所(保育園)以外にも様々な場所で活躍することができます。主な勤務場所(就職先)と簡単な特徴を紹介していきます。

児童厚生施設

児童に健全な遊びを与えて,その健全育成を図る目的で設置された施設で、児童遊園、児童館などがあります。

母子生活支援施設

配偶者のいない女性またはそれに準じる女性とその子供を入所させ、自立促進のための生活支援を行う児童福祉施設です。

児童養護施設

乳児を除く保護者のいない児童や虐待されている児童などを入所させて養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする施設です。

知的障害児通園施設

家庭から通園できる知的障害のある子どものための施設で、地域社会へ対応できるように生活や学習、運動などの指導が行われます。

盲ろうあ児施設

目の見えない盲児、難聴のろうあ児が入所、通園して自立に必要な知識などを教わり、自立のための援助を受ける施設です。

肢体不自由児施設

肢体不自由児の治療と、自立生活に必要な知識、技能を与えることを目的とした施設です。

重症心身障害児施設

肢体不自由と知的障害の両方を持ち自立が難しく、日常生活全般にわたって介護を必要とする子供の健康管理、日常生活支援、生活指導などを行う施設です。

情緒障害児短期治療施設

軽度の情緒障害を持つ児童を短期間入所させたり、保護者の下から通わせて情緒障害を治したり軽減させたりすることを目的とした施設です。

児童自立支援施設

犯罪などの不良行為をしたり、するおそれがある児童や、家庭環境等から生活指導を要する児童を入所または通所させ、必要な指導を行って自立を支援する祉施設です。

児童家庭支援センター

地域の児童、家庭の福祉の向上を図ることを目的に、児童福祉法により設置された福祉施設です。地域の児童に関する、児童、家庭、地域住民その他からの相談に応じ、必要な助言も行います。

保育士は給与面では決して高いとは言えませんが、子供の成長する姿を見るとき、保育士をやってて良かったって思いますよね。

0歳から3歳までの期間は人の成長にとって最も大切な時期だと言われています。保育士さんはその成長の担い手です。もっと保育士さんの待遇改善がされることを願っています。保育士のみなさんいつもありがとうございます。

-こども

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.