自然災害

いつ起こるかわからない首都直下型、南海トラフ大地震、大津波

更新日:

首都直下型大地震や南海トラフ巨大地震は数年以内に発生する!?予知や予言をする人が続出中!今の内に防災グッズを集めよう!

熊本地震を経験した私からのアドバイスです。防災グッズは今すぐに購入、確保して下さい。震災後は飛ぶように売れ、まず自分が欲しい商品が買えません。(しかも安いものからどんどん売れます。)ぜひ揃えて欲しい、最低限必要なものはコチラです。

防災チェックリスト

飲料水・生活用水・水タンク

懐中電灯・マスク・ヘルメット
保存食や乾パン・お菓子
ウェットティッシュ
ミルク・オムツ・携帯用離乳食
ラジオ
洗面用具
使い捨てカイロ
ブルーシート
簡易携帯トイレ
衣類・下着


一番必要なものは水です。水があれば安心します。水が無いと絶望感を感じます。それほど人間にとって「命の水」なのです。普段何気なく無駄に流しっぱなしにしている。あって当然のものですが、震災を機に大切さ、有難さを感じるようになりました。みんなが求めるため、自販機の高価な水でさえ無くなります。本当に余分過ぎるくらいに日頃からコツコツと集めておきたいもの一番は「」です!他にも震災時は色んな商品の入手が困難を極めます。隣県にも無くなります。自分の県になければ隣の県にあるだろうと、みんな同じことを考えます。中でも赤ちゃんがいるご家庭は、水、紙オムツ、ミルクなどは生命維持に不可欠です。全く無くなるのです。中には買い占める人もいますから。。必ず多めに確保しておく必要があります。あと、断水が起こる為、何週間もシャワー、お風呂に入れない事態に陥ります。正直地震から1週間くらいはお風呂っていう発想が出てこないかもしれません。それほど緊迫感があります。しかし、衛生・健康面を考えれば、ウェットティッシュで顔、体を拭いたり、歯を磨いたりすることが大切です。そして睡眠不足になります。睡眠が足りないと、抵抗力も弱ってきます。いつも以上に体調には気を付けなければなりません。さらに、情報が錯綜します。携帯充電器、乾電池やラジオはかならず確保し、情報収集して下さい。その中で信頼出来る情報を見極めてください。スマホがあるだけで、情報量がぜんぜん変わってきます。ぜひ活用しましょう。

南海トラフ大地震がもしも起きれば、商品の供給が1週間以上もないことが予想されます。被災範囲が広ければ広いほど需要が供給に追いつきません。自分で揃えることが出来るものは徹底的に確保し、余れば周りに配るくらいの気持ちが大事です。

-自然災害

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.