エンタメ

【笑っていいとも】終了が【smap解散】を加速させた|タモリは偉大だった!?

更新日:

タモロス者続出|笑っていいともの歴史と最終回

いまだにタモロス、タモリは面白い

 

笑っていいとも」が終了して数年が経とうとしている。

普段何気なく見ていた番組が終了するってほんとに寂しくなりますね。

いまだにタモロスの私です。タモリってほんとに愛される人ですね。

人間として尊敬できるし、バラエティの中にも礼儀ありといった所がタモリの良い所です。

生放送「笑っていいとも」の歴史

1982年(昭和57年)から2014年(平成26年)までお昼の生放送を約31年間にもわたって森田一義(タモリ)は司会を全うした。

これって普通の人では出来ないですよ。生放送ですよ。月曜から金曜日まで毎週ですよ。

その間、突発的なことを除いてほとんど休んでいないというから驚きだ。

会社員の私から見ても凄いことだと感じた。規律正しい性格が番組にも表れていましたね。

タモリは多くの芸能人から慕われる人

 

番組には多くの著名人が出演し番組を盛り上げた。

それだけ本当の友達の輪を拡げていったのだ。これはタモリが慕われていた証拠です。

誰からも好かれるというのが正しい表現だろう。

じゃなきゃこれだけ長い間、番組を続けることなど不可能です。

SMAPは「いいとも」が生き甲斐だった

 

特にsmapは結成当初から出演しており、「いいとも」と深い関わりがあった。

smap=いいとも」と言ってもいいほどだ。

特にsmapメンバーの中でも特に、中居くん、草なぎくん、慎吾くんはタモリをとても慕っている。

それがよくわかるシーンがいいとも最終回にも見て取れる。

最終回は豪華ゲスト出演、盛大に番組は盛り上がり幕を閉じた。

ほんとに私も感動しました。それと同時にほんとに終わってしまうんだなって思いがこみ上げ力が抜ける感じに。

いわゆる「タモロス」ですね。。。

smapメンバーは一般人よりも更に深い哀しみ包まれたに違いありません。この後、解散するとは知らずに…

「いいとも」終了が「スマップ解散」原因

smap5人の確執と緩衝材タモリ

 

元々、スマップメンバー間では確執があった。

キムタクと中居、慎吾と他4人。

5人のメンバーの緩衝材の役割になっていたのが、タモリであった。タモリには色々な相談もしていたに違いありません。

それが番組終了を境に、タモリとの接触が少なくなり、5人の確執は徐々に拡がることになる。そして、約20年間放送された「スマップ×スマップ」は2016年に番組終了となった。

ビストロ最後のゲストはタモリ

 

ビストロスマップ最後のゲストはタモリであった。

何とも言えない気持ちになりますよね。タモさんも、分かっていたんだろうね。解散することを。

番組で乾杯する時に、キムタクと慎吾くんが乾杯をしなかったのが話題にもなりました。

私の主観ですが、「笑っていいとも」が終了していなかったら、「スマップ」解散はなかった。そん思います。

少なくとも解散する時期がもっと先になっていたのは間違いないでしょう。

一つの時代が終わったんですね。寂しいです。

「笑っていいとも」お気に入りシーン

 

私の「いいとも」で一番好きだったのはオープニングのタモさんの笑顔でした。いい笑顔してますよね。

タモリ倶楽部やミュージックステーションでは見せない笑顔なんですよね。逆にエンディングは嫌いでした。。。

「スマスマ」お気に入りシーン

 

そして、「スマスマ」で一番面白かったのはやっぱり5人旅

ハニカミながらも楽しそうに旅を満喫する姿は今でも印象深いです。

解散してしまいましたが、あの時の気持ちは大事にしてもらいたいと思う。

いいとも感動のフィナーレで大感動

一番感動したのはいいとも最終回の「ありがとう」を熱唱し、タモリを囲んだシーンです。

 

「ありがとう」は最高の曲です。

スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.