受験、各種試験

【人生一発大逆転】「下剋上受験 」の勉強法、暗記(力)、記憶術(法)

更新日:

下剋上受験の主演は阿部サダヲ、深田恭子、山田美紅羽(やまだみくう)




ドラマ下剋上受験を毎週楽しみにして見てます。阿部サダヲはほんとに子役との絡みが上手い。ほんとの親子のような演技力。さすがのひとこと。そして妻役の深キョンは天然の可愛らしい役が似合いますね。とにかく若い。そしてオーディション250人の中から選ばれた山田美紅羽ちゃん。演技力もあるしこれからが楽しみです。小学生らしいあどけなさは、視聴者を虜にする存在です。

「ドラマ下剋上 受験」塾にも行かず親子二人三脚で最難関中学を受験。偏差値は72必要。2017年最難関中学校は筑波大附属駒場と開成[東京都]。

中学受験とは縁のない大の大人でも楽しめる内容だ。中学受験の難しさ、偏差値70という驚愕の数値。人生において最初で最後の中学受験。浪人はあり得ないんです。最難関中学ってほんとにすごいですね。普通に考えて選ばれて選ばれぬいた上での更に1%の狭き門。私も大学受験の経験はありますが、小さい頃は受験とは疎遠でした(鼻ほじほじしていた小学生でした 笑)。想像を絶する難しさなんでしょうね。ちなみに最新の難関中学受験情報によると難関中学は以下の通り(驚)。※[]内は参考偏差値です。

難関中学偏差値TOP10

  1. [78]筑波大学附属駒場中学校(東京)
  2. [78]開成中学校(東京)
  3. [77]東大寺学園中学校(奈良)
  4. [76]麻布中学校(東京)
  5. [76]灘中学校(兵庫)
  6. [75]早稲田大学高等学院中学校(東京)
  7. [75]桜蔭中学校(東京)
  8. [75]駒場東邦中学校(東京)
  9. [75]女子学院中学校(東京)
  10. [75]筑波大学附属中学校(東京)

首都圏に集中している事がわかりますね。やはり東京大学を目指す小学生は筑波大学附属駒場、開成の2択なんでしょうね。首都圏の私立中は公立中とは次元が違いすぎます。(受験を本気で考えるならこちら)

中学受験 合格だけが人生大逆転じゃない!高校受験、大学受験、就職、様々な分岐点で大逆転できる。

中学受験をする小学生の人生はまだ人生の序章にすぎない。これから難関大学を受験するために更に勉強をするわけだ。1日何十時間も勉強することになる。長い6年間が待っている。難関中学に入学できたからって安心はできないってこと。彼ら、彼女らは難関大学に合格するのが一つの目標だ。これが叶って一段落つくといったところだ。もちろん目指すは「東京大学」!!言わずと知れた最難関大学だ。官僚も東大出身者がひしめき合っている。将来日本を背負って立つのは彼ら、彼女らなのだ。
でも中学受験に失敗したからって、人生が終わってしまうわけじゃない。無論、大学受験に失敗しても、就職活動に失敗してもだ。様々な分岐点で大逆転は可能なのだ。だから人生は面白い。でも一つ言えることは、自分が満足する生き方が出来るか出来ないかが重要なのだ。そのことは忘れてはいけない。

ドラマ下剋上受験では暗記(記憶)が出来ない佳織。記憶力を高める勉強法。忘れない記憶。

受験勉強をする中で一番苦労するのが記憶との戦いだ。ドラマでも佳織(山田美紅羽)が記憶出来ない、忘れてしまうことに苦悩している姿が描かれている。そもそも「人間は忘れる動物である」。忘れるってことが出来ないと、悲しい事や苦しい事がいつまでも記憶に残りずっと苦しいままだ。多少なりとも忘れることで、苦しみから解放される。そういった意味で忘れることはとてもいいことである。受験に限れば忘れることは命取りなのだが。。記憶力を高める最もシンプルな勉強法は「繰り返す」ことだ。何度も繰り返し記憶を定着させる。衝撃的なことは一度で記憶に残るが、平凡なことは一度では覚えられない、忘れてしまうのだ。だから繰り返すことで記憶は脳に刻まれるのだ。

記憶力、暗記力を高め、英語(英単語)やtoeic、年代暗記も楽勝!?集中力や脳トレ効果もある記憶術(法)はあるの?

世間では記憶、暗記を促す様々なものが出回っている。それだけ人間には記憶しなければいけない場面に遭遇するのだ。受験や各種試験、そして交友関係でも覚えていないといけないことはたくさんある。記憶、暗記するメジャーなものと言ったら英単語だろう。本来単体で覚えるべきものではないが、何しろ勉強時間には限りがある。だから英単語だけを切り離して単体で覚えることが日本では主流となっている。でも中々覚えるのには骨のいる作業が必要だ。紙に何度も書いて、口に出して覚えたり、語呂合わせで覚えたり。でもすぐに忘れてしまうんですよね。だから膨大な時間をかけて繰り返していくわけだ。
そんな時、雑誌やメディアで皆さんも時々見たことがあるかもしれない「記憶術」。私はこれにすごく興味が湧いてしまった。中学生のころ、親を無理やり説得させ買ってもらった記憶がある。それだけ佳織のように苦しんでいた時期なのかもしれない。ほんとに目から鱗とはこのことだった。記憶のメカニズムが詳細に記述され、丁寧な解説や暗記のやり方も書いてあった。これを使って覚えたものは今でも忘れていない。そして仕事上でもちょっとしたことを覚える時には大変有効だ。普通に書いたり、口に出して覚えることが出来るものはそのまま覚えればいい。普通に覚えた方が早い時もある。でも覚えることが出来る数には限界もある。そんな時に活躍するのが「記憶術」である。虎の巻的な存在だ。試して損はないと声を大にして今なら言える。
川村明宏のジニアス記憶術

-受験、各種試験

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.