受験、各種試験

【受験、国家試験などに威力を発揮】記憶力を上げる、高める天才的な能力を身に付ける“記憶術”

更新日:

記憶力を上げる、高める方法1選

記憶力を上げる、高める方法は色々ある。例えば、色んな場所で記憶する、関連付けて記憶する、脳に良い食べ物を食べるなどなど。どれも微妙な気がするのは私だけでしょうか。結局は忘れてしまうんですよね・・・
では私がオススメする記憶力を上げる方法は「しっかりと睡眠を取ること
なにそれ?って言われそうですが基本中の基本だが、案外軽視されがちな睡眠。
睡眠が大事な理由は2つある。

  1. 疲れた脳を休ませて新たな記憶を促す
  2. 記憶を整理し定着させる

睡眠時間の理想は6時間~9時間が理想とされる。あまり短い睡眠、長過ぎる睡眠どちらもよくない。
理想的な睡眠を取り記憶力を高めていきましょう。

記憶したものを忘れない方法

繰り返すのは基本的なことで誰もが知っていることだが、これにはもっと詳しい説明がいる。
ただ単に口に出して繰り返しているだけでは記憶の定着にはならない。試験当日に忘れてしまう。思い出せない事態に陥る。
ではどうしたら忘れない記憶をつくることが出来るのか?

期間を空けながら繰り返して覚えていく

これが正解です。具体的に例を出すと1日目に覚えたものは2日目にもう一回覚える。4日目にさらに覚える。7日目に更に繰り返す。期間を空けながら覚えると記憶に定着しやすいのです。
だから、1日で覚えようとしないことです。一夜漬けだけは記憶として残らないということです。何度か繰り返していくことで長期記憶になるのです。

天才は忘れない記憶力を持つ

天才と呼ばれる人が中にはいます。瞬時に記憶できる、天才脳を持っている。受験生は羨ましいと一度は思ったことがある人がいるのはないでしょうか。それだけ記憶力がある人は受験や各種試験には有利だということだ。
ただ、天才には難点もある。というより、脳に必要な機能が備わっていない。
「忘れることが出来ない」
人は忘れることで過去の悲しみや、怒りを緩和できる。そういった意味でも、天才は非常に生きていくのに苦労する。忘れられないからだ。
だから忘れることはいいことだと思って欲しい。忘れっぽい人程、あっけらかんとしている。

驚愕の威力、凄い勢いで暗記できる術

天才と同じような記憶力を身に付けたい。忘れない記憶力。
脅威の記憶を実現する記憶術がある。一度覚えたら忘れることが困難。
訓練次第で、英単語、年代暗記、など一日で大量に記憶が出来る。
もちろん日常生活や職場でも威力を発揮。
↓ ↓ ↓
川村明宏のジニアス記憶術

記憶って奥が深いですね。

-受験、各種試験

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.