お薬

「育毛剤リアップよりも内服薬デュタボルブ」AGA(男性型脱毛症)に悩む男性の最後の望み

更新日:

agaとはどんな脱毛症なのか?

AGA(エージーエー)とは男性型脱毛症の略称です。男性に多く見られる髪が薄くなる状態のこと。頭頂部や額の髪が薄くなっていきます。
原因は遺伝、男性ホルモンの影響などが指摘されています。抜け毛は何もせずに放っておくと髪の毛の数は徐々に減少していきます。早めの対策が必要なのです。

デュタボルブはagaに効果あり。脱毛症、若ハゲに悩む男性におすすめ。

結構早いうちに薄毛抜け毛に悩んでいました。
私の育毛史はそれなりに長く、今までミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドと使用経験がありますが、現在使用しているのがデュスタステリドです。なぜなら、デュタステリドが一番私に合っていたからです。
デュタステリドといえば、「アボルブ」が本家。その後幾つかのジェネリックがでましたが、私が最近から使用し始めているのが、「デュタボルブ」です。そしてこれからも私の育毛の強い味方はデュタボルブであると感じてます。

デュタボルブは副作用が少ない。薄毛に強い味方。

さて、ここでデュタボルブの使用にいたるまでの経緯なんかも話していきたいと思います。
どんな治療薬であれ、重要なのは効果はもちろん、もう一つは副作用の有無。効果があって、副作用が少ないということが最も重要なんです。そして私にとって効果も副作用の少なさも備えていたのがデュタステリドでした。
育毛を始めた頃、まずミノキシジルを含むローションから始め、その後ミノキシジルとフィナステリド含有のフィンペシアを同時に使用するようになりました。使用開始から1年が過ぎた頃にはかなりの効果が実感できていました。よって、このままその2つの使用を続けていこうと思っていましたが、デュタステリド含有のアボルブがとにもかくにも気になっていたので、アボルブを試すことにしたのです。

アボルブの有効成分・デュタステリドの特徴

少し詳しく説明すると、AGA(男性型脱毛)の原因となるジヒドテストステロン(DHT)の生成に関与する5α還元酵素の働きを抑制することが育毛では重要となります。そして5α還元酵素には1型と2型があり、2型のみを抑制するのがフィナステリドで、1型も2型も抑制するのが、デュタステリドということになります。
そして、デュタステリドには、もう一つ大きな特徴があり、性機能障害に関する副作用が少ないということなんです。
実際にアボルブを使用して感じたことは、今まで以上に効果を感じることができ、精力減退などの副作用をあまり感じないということでした。
そして、ここ最近から使い始めているのが前述したとおりアボルブのジェネリックであるデュタボルブ。ジェネリックなので価格が安く、効果も同じなので、当然デュタボルブを愛用するようになったのです。
▼脱毛症におすすめ飲む薬

ジェネリックで価格も安心!継続した脱毛症の治療が可能

重要なのは効果や副作用の有無もそうですが、やはり価格というのも重要な選択要素です。なにせ継続して使用していかなくてはならないので極力出費を抑えたい。
それとなんといっても育毛の治療薬は色々とあり、それぞれ自身に合った治療薬で育毛をしていくことが大切です。
自分に一番合う薬を探すまで大変ですが、決して諦めてはいけませんよ。必ず治すんだと強い意志を持つこと。これが治療には一番大切ですね。
昔のイケメンだった頃の自分を取り戻しにいきましょう。

-お薬

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.