試験対策

【試験本番に弱い人の対策、対処法】実力を120%発揮する方法✐

更新日:

本試験資格試験、公務員試験等の本試験で、本来の実力を発揮できない人…いますよね?

逆に、本番に実力以上の力を発揮する人もいます。

「なんで試験の神様は私に味方してくれないのだろう…」

多くの人が疑問に思い、悩んでいるのではないでしょうか。

明らかな勉強不足ならまだしも、人並み以上に努力をしている人にとっては納得がいきませんよね。

この記事を読んだ人には本試験で得点を重ねられる秘策をご用意いたしました。

ぜひ実践して、120%以上の実力を発揮し高得点を叩き出してください!

 

試験専用の記憶術!
↙ ↙ ↙
ユダヤ式記憶術「試験に受かるユダヤ式記憶術」

Contents

【要確認】模試では点数が取れるけど本番では実力を発揮できない原因とは?

ハッキリ言って、模試と本試験は全くの別物です。

試験内容がどうこう言っているわけではなく、本試験会場に漂う雰囲気が独特なのです。

それはそうですよね、これに人生をかけている人もいるのですから当然です。

生きるか死ぬか、それくらいの覚悟を持って臨んでいる人がいることを、あなたはしっかり認識出来ているでしょうか?

それが本番の試験というものです。

実力を発揮できない人の原因をまずは確認してください。

どのような原因が考えられるのでしょうか。

【原因1:緊張】試験本番で緊張しない人はいない

本試験では冷静沈着に問題を解いていく必要があります。

いつも通り自分のペースに持っていければ問題ないのですが、やはり試験本番というのは別物です。

独特の雰囲気や張り詰めた空間があなたを否応なしに緊張へといざないます。

でも自分だけが緊張しているのではありません。

緊張の程度はあれ、誰だって緊張しながら本試験に望んでいるのです。

例え、不合格でも問題ないと考えている人をも飲み込む勢いのある雰囲気です。

「この試験は自分にとって大事な試験」

そう思っている人なら尚更緊張するのは当たり前ですね。

特に公務員採用試験では、自分の職業がここで決まってしまうかもしれないのです。

一生をも左右する大切な試験で緊張するなと言うのは無理な話です。

試験が始まり、数分のうちに本来の集中力を取り戻せれば、試験を楽しむ余裕すら出てきます。

「この問題はこうやって解いていけば正解が見つかる」
「これ頻出問題だ。つい最近やった問題だから楽勝だ」

なんて自分に問いかけながら調子よく問題が解けていければ、合格点は目前ですね。

【原因2:勉強量】明らかな勉強不足

初めに断言させてもらいます。

明らかな勉強不足、準備不足な人が試験本番でいきなりミラクルな点数が取れるなんてことは絶対にあり得ません。

学校、予備校の確認テストや模試でも全く点数が取れていない人も同様です。

勉強していないから本番でも点数が取れないのは当然のことですね。

記念受験、受かったら儲けもんくらいの気持ちで受ける人が毎年必ずいます。

そして必ず不合格になっていきます。

難関大学受験や国家試験、公務員試験ではそんな人が高得点を取れるほど甘い試験ではありません。

誰もが納得いく勉強量をこなしていても、毎年落ちてしまうのが難関試験なのです。

勉強量を増やしても、それに全く比例せず点数が伸びない人は、一度勉強方法を見直していく時間を作ってください。

同じような勉強方法を何年続けても合格は難しいことの方が多いです。

【原因3:解き方】全ての問題を解こうとしている

本試験では、問題を吟味し、解ける問題から解いていくのが基本的な試験のセオリーです。

不得意な問題、分からない問題はどうしても時間がかかってしまいますし、考えたところで正解する可能性も決して高くはありません。

しかし、試験本番は緊張もあり異常な心理状態に陥りがちです。

いつもなら解かない問題でも、何とか得点に結び付けようと必死になって解いてしまうことがあります。

1点でも多く得点したいと思うのは受験生であれば当然の心理状態です。

しかし、本番試験では全問正解しないと合格出来ないわけではありません。

誰もが得点できる基礎的な問題を確実に取っていく

そして、プラスαの得点で合格圏内に入っていくのが基本的なスタイルです。

難しい問題に時間を取られていたら、簡単な問題を解く時間が無くなってしまい不合格まっしぐらです。

合格したいのであれば、基礎問題はパーフェクトに、そして解けそうな応用問題に時間を費やしてくださいね。

【原因4:食事】ご飯を沢山食べてしまう

試験当日の朝や試験前には食事を摂ることは頭の働きを考えると非常に大切なことです。

しかし、あまりにもご飯を食べ過ぎてしまうと、睡魔に襲われ逆に頭の働きが鈍くなります。

睡魔で試験中に頭がボーっとしてしまうと、本来の実力が出せなくなります。

食事は確かに大事ですが、ほどほどに摂るのがポイントです。

空腹感も満腹感もない、最強に良い状態を普段から試しながら自分なりに掴んでくださいね。

私は試験の1時間前にエナジードリンクを飲んで試験を受けていました。

カフェイン中毒の話にあるように脳が覚醒し、とても頭の回転が良くなるので試験がある日は毎回飲んでいました。

眠くなるからという理由で、栄養ドリンクなどで乗り切る受験生は案外多いです。

それだけ試験当日の食事には気を遣う必要があるのです。

ただ、飲み過ぎは毒なので注意が必要です。

エナジードリンク、栄養ドリンクについては、こちらの記事も参考にしてくださいね↙↙

※カフェイン中毒死※ エナジードリンク、レッドブルの飲み過ぎは超危険!

ファイトォ~一発ッ!でお馴染みのリポビタンDを始めとする栄養ドリンクを今や追い抜け追い越せの勢いのあるドリンクと言えば〝エナジードリンク〟です。 仕事で疲れた…、勉強疲れ…、恋愛に疲れた…など疲れた時 ...

続きを見る

【原因5:体調管理】風邪を引いて体調不良

高校受験、大学受験でもよく言われることですが、体調管理も試験のうちです。

風邪を引いてしまうと、頭痛や鼻水、鼻詰まりになり、脳に酸素が上手く行かずに、集中力を欠いてしまいます。

さらに、薬を飲む羽目になれば、眠気を伴うおそれもあります。

特に受験シーズン前は、マスクの着用、手洗いうがい、規則正しい生活を心掛けて風邪対策を万全にしてくださいね。

また、インフルエンザ等の感染症にかかれば試験を受けることが出来なくなります。

風邪なんかで大事な試験をボイコットすることだけは避けたいものです。

試験の数週間前に、詰め込みで勉強を頑張り体調を崩す受験生が後を絶ちません。

出来れば勉強も長期的な視野でプランを立て、なるべく体に負担をかけないようにしてくださいね。

私は、試験本番2週間前は無理して勉強をしないようにしていました。

風邪を引くと、だいたい完治するまで1週間前後はかかるので、逆算して最低でも1週間前までは無理ができる!と思っています。

まぁ真似してくださいとは言えませんが、そういうことです(笑)

【原因6:睡眠】睡眠不足で試験を受ける

睡眠不足が試験に与える影響は思っている以上に大きく、ミスが目立ち、基礎的な問題をも落とす羽目に…。

質の良い睡眠を取るだけで頭が冴えが全く違ってきます。

起きた瞬間にヤル気もみなぎってくるので、試験前日は熟睡できるよう心がけてください。

質の良い睡眠と言ったのは、長く寝ればいいって話ではないからです。

必要な睡眠時間は人によって違い、3時間寝ればいい人もいれば、8時間寝ないといけない人もいます。

自分の最適な睡眠時間をしっかりと確保し試験に望んでください。

ちなみに、試験前は中々寝付けなかったりする人も多いと思います。

最低でも、早寝早起きを試験本番1週間前には習慣づけていくと前日も眠りにつきやすくなりますよ。

 

一番売れてるマットレストゥルースリーパーもチェックしてくださいね↙↙

トゥルースリーパーが風邪をひかない対策に持って来いな3つの理由とは?

寝起きから体調が思わしくないと仕事に行く気力もなくなりますよね?「今日は仕事を休もうかな…」なんて思ってしまいます。 でも仕事なので多少の熱や体調不良でも出勤しなければいけないのが日本社会です…。 で ...

続きを見る

【重要】試験前日のベストな過ごし方

試験前日試験前日は色んな思いが駆け巡ってきますね。

「予想問題が外れたらどうしよう…」
「試験中にお腹が痛くなったらどうしよう…」
「これまで頑張ったことが出せるだろうか…」

期待よりも、不安の方が大きいかもしれません。

しかし、あなたが試験前日にやらなければいけないことがあります。

体を休めること😪

これが何よりも一番大切です。

具体的にはどのように過ごせばいいのでしょうか?

【鉄則1】詰め込んで暗記をしない

試験前というのは不安な気持ちが膨らみ、試験に出る重要箇所を確認していくつもりが新しい知識の吸収に走りがちです。

しかし、新しいことを頭に詰め込むことで脳も疲れてしまいます。

これまで勉強してきた所をざっと見直す程度にとどめ、新しいテキストや問題は見ないようにしてください。

分からないことが出てくると不安感が更に膨らみますからね。

全てを完璧にこなしている受験生なんていないので、分からないことがあっても問題ありません。

要は、普段解ける問題を落とさないことが大切なのです。

【鉄則2】試験前日の食事

試験前日の食事は何を取ればいいのかって話で盛り上がりますよね。

かつ丼、おむすび、伊予柑、ねばねば系などなど、演技の良い勝負飯はいっぱいあります。

ほとんどダジャレなんですけどね…。

しかし、ぶっちゃけると前日の食事は何でもいいです(笑)

普段から食べているものを普通に食べるのが一番だと個人的には思っています。

敢えて言うなら、風邪を引いた時に食べるような消化の良いものを食べるのがいいです。

逆にお刺身や生ものはあたってしまう危険もあるので、極力避けたい食べ物です。

食あたりには十分気を付けてくださいね。

【鉄則3】試験会場に持っていくものを準備、再確認

試験の持ち物
当日に慌てて試験会場に持っていくものを準備しないよう、持っていくものリストを事前に作成し、漏れがないようにしていきます。

持って行こうと思っていたものを忘れただけでも本番では焦りに繋がりかねません。

万全の体制で試験に臨めるように事前準備は余裕をもって行っていきましょう。

最低限必要なものを載せていますので、参考にしてくださいね。

check❶:受験票

試験を受けるには受験票が必ず必要です。

忘れないように、出かける前に2~3回は確認していきましょう。

しかし、忘れたり無くしたりすることもあるかもしれません。

でも慌てず、試験会場で再発行を行ってくれることもあるので、近くの係員の方に問い合わせてください。

忘れてはいけないものナンバーワンの受験票ですが、毎年忘れる人が必ずいます。

再発行してもらうにしろ、無駄な時間をかけてしまいますので、何度も確認してくださいね。

check❷:試験のまとめ本

試験会場では受験生がそれぞれ参考書や問題集といったものを持って試験直前の確認をしている光景が見られます。

そういったライバルたちの姿を見ると、身が引き締まり緊張もピークに達します。

持っていくとすれば、出来るだけコンパクトなまとめ本などがいいでしょう。

もちろん使い慣れたものであるのは言うまでもありません。

試験直前に購入してあまり見ていないようなものは持っていかないことです。

使い慣れない、初めての参考書や問題集というのは不安な気持ちを大きくするだけです。

また、国家試験の会場の門の前には、各予備校から試験直前の要点集のようなものを配布しています。

「予想問題」と書かれていると、ついつい手をだしがちです。

基本的には当たらないので(笑)、もらう必要はないというのが私の結論です。

check❸:使い慣れた筆記用具を多めに

試験では筆記用具が必要ですが、出来るだけ多めに持っていくようにしてください。

私は筆箱を二つ用意して、それぞれにシャープペン3本、鉛筆2本、消しゴム2個を入れていました。

試験開始前に、シャープペン、鉛筆、消しゴムが机の上にずらりと並んでいる状態です。

1、2本床に落としても、そのまま試験が受けられるような対策の為です。

ちなみに、鉛筆や消しゴムを落とした時には、黙って手を上げ、試験官に取ってもらいましょう。

決して一人で勝手に拾って不正を疑われないようにしてくださいね。

check❹:必要な常備薬、特に頭痛薬

試験前というのは緊張して頭痛や腹痛が起こりがちです。

普段使わない人でも、突然の頭痛、腹痛の為に薬、そしてペットボトルのお水は持っておくと安心出来ます。

また、試験前にはトイレの位置も確認しておいてください。

試験前に慌てて場所を探すようなことがないようにしておくことも大切です。

check❺:眼鏡やコンタクトレンズの予備

いつもメガネ、コンタクトを使用しているのであれば、予備のものがあるといざと言う時に役立ちます。

用意してない時に限ってトラブルは起きるものです。

コンタクトレンズが外れて無くなってしまったり、メガネが壊れたり…想定外のトラブルがなぜか起きます。

予備があれば何の問題もないので、出来るだけ準備はしておいてくださいね。

check❻:直ぐに脱着出来る上着

試験会場によっては冷暖房の効きが悪く、暑かったり、寒かったりします。

容易に脱ぎ着できる上着を用意していきましょう。

夏場でも、冷房付近の席で寒くなることもあるので注意が必要です。

持参リスト

  • 受験票
  • コンパクトな参考書、まとめ本
  • 筆記用具
  • 常備薬、ペットボトルの水
  • 眼鏡、コンタクトの予備
  • 上着

もう一つお伝えすると、耳栓は多くの試験で禁止されています。

耳栓を認めてしまうと、試験官の指示が聞こえなかったり、不正な手段が横行する恐れがあります。

確かに耳栓があると試験に集中できますが、普段から耳栓がなくても集中できるよう努めていってくださいね。

【秘策】試験本番に強くなる、結果を出す方法

試験合格本番では点数を取らなければ絶対に合格しません。

ここでは、本番で実力以上のものを発揮し、合格点を取るための秘策をお伝えします。

試験では1点でも多く得点するためのちょっとしたテクニックもあります。

【秘策A】本番さながらの模試を出来るだけ多く受ける

本試験までには出来るだけ多くの模擬試験を受けるようにしてください。

出来れば本番さながらの予備校の統一模試を受けるのがベストです。

しかしそうは言っても、田舎町に住んでいる人であれば予備校に足を運ぶのも一苦労。

そんな人は自宅で模試を受けてください。

模試を受けることで、様々なメリットがあります。

模試を受けるメリット

  • 弱点を把握できる
  • 試験の傾向が掴める
  • 最新の予想問題が受けられる
  • 試験慣れする

模試を受けるにあたり、毎回、本試験だと思って試験に臨むことが大切です。

それによって本番に繋がる模試に変わります。

模試だから…なんて軽い気持ちで受けていたら本試験では全く意味がありません。

しかし先ほどもお伝えした通り、模試はあくまで模試ではありますが、活用次第では合格に直結します。

結果だけに一喜一憂しないようにしてくださいね。

【秘策B】問題を解く順番を決めておく

本試験開始と同時に、まずは、試験問題のページ全体を概観します。

その際、瞬時に試験内容や難易度の把握に努めてください。

いきなり問題に取り掛かる人もいますが、これはやっちゃいけないことです。

最初に試験問題全体を見る事には大きなメリットがあるのです。

いきなり解かないメリット

  • 問題量が分かる
  • 時間配分が出来る
  • 解ける問題から取り掛かれる
  • 緊張をほぐせる

大きなメリットの一つは時間配分にあるのではないでしょうか。

国家試験、公務員試験では1問あたりに使える時間は約1分です。

全ての問題を1分で解くことなんて大抵の人間は不可能。

解ける問題、簡単な問題を確実に得点していくのがセオリーですね。

そのセオリーを全うするには試験問題を軽くでもいいので始めに把握することが重要です。

そして初めに難易度の低い問題を解いていくことで、試験に良いリズムが生まれます。

ぜひ最高のリズムを作って試験を突破してくださいね。

【秘策C】1問ごとにマークせず、ある程度まとめてマークする

マークシート方式では「マークするタイミング」も大切です。

1問解答するたびにマークするのは時間効率が悪く、間違えを誘発してしまうことになります。

できることなら数問解答が出せたらまとめてマークするようにしてください。

私のマークのタイミングは、簡単な問題、容易に解ける問題を終えたらマークする。

確実に得点したい箇所なのでまずはそこから塗りつぶしていきます。

不得意な問題、難しい問題は解答するにも時間がかかるし、正解しない確率の方が高いです。

分からない問題は後回しにする勇気が試験では必要なんですよね。

【秘策D】マークシートは何番目が正解が多いの?

マークシート方式の問題では、問題を読まず適当にマークして当たってもそれが得点に繋がります。

「どれにしようかな、天の神様の言う通り」

何番目が一番正解率が上がるのか?そのことがよく議論されています。

5択であれば全ての選択肢は普通に考えればそれぞれ20%の確率で正解になるのですが、どうもちょっと違うようです。

ある国家試験の調査結果がこれです。

1番が正解 約13%
2番が正解 約23%
3番が正解 約26%
4番が正解 約25%
5番が正解 約16%

1番正解率が低い番号

1番正解率が低いのが1番目の選択肢です。

当然ですが、最初に正解を入れてしまうと正解する人が続出してしまいます。

そして、次に正解率が少ないのが5番目の選択肢です。

最初と最後を解答する受験生が多いのは心理的にも分かりますよね。

1番正解率が高い番号

そして最も正解率が高いのが3番目の選択肢です。

私も全くの山勘、当てずっぽうで解答をする時には"3番目"の選択肢を選ぶことが多いです。

そして、このことにも配慮が必要です。

「試験問題作成者は全体のバランスを考えて解答番号を散りばめている」

本試験問題の番号の比率を見ると、必ずほぼ均等に分配されています。

試験の不正防止、公平性の観点があるからです。

つまり、自分の解答した番号が偏っていればいるほど、間違っている可能性が高くなります。

とは言え、やっぱりどれだけ分からない問題を少なくするかが試験の合否を握っていると言えます。

自分の実力で正解を多く重ねるかが試験突破の絶対条件です。

運も実力の内だと言われますが、実力がなければ運もついてこないのです。
※これらの情報は正解を補償するものではありません。自己責任でお願いいたします。

【秘策E】「例外なく」、「絶対に」、「全て」が付いている選択肢は要注意!

世の中、例外のないものなんてほとんどありませんね。

決まり事、規則、法律、全てにおいて例外ばかり。

一例を挙げるなら、保険の約款では但し書きばかりですね(笑)

英語でも「There is no rule without exceptions」と言いますが正にその通りです。

試験でもそこが問われやすくなります。

例外のあるケース、例外のないケース、それぞれひっかけ選択肢になることがよくあります。

「例外なく」「全て」などの言葉が選択肢に入っていれば要注意です。

【秘策F】間違ったマークを付けたらしっかりと消しゴムで消す

マークシート方式の筆記試験ではマークを塗りつぶしていきますね。

ただし、面倒なのが間違ったマークをした時です。

消し方が中途半端だと「二重マーク」にされてしまうことがごく稀にあります。

薄いマークは感知されないようにはなってはいますが、そればっかりは機械次第です。

マークした箇所を消しやすいように鉛筆は「HB」か「B」にしてくださいね。

硬いと消す時に一苦労で、場合によっては消せないこともあります。

消すのに時間を取られた…そんなことがないように…。

【秘策G】試験で暗記したものを思い出すやり方

受験生の多くは、試験中に記憶したものを思い出しながら問題を解いています。

しかし、中々思い出せないこともしばしばあります。

なぜ思い出せないのでしょうか?

これは本試験による極度のストレスのせいです。

人間ストレスを抱えると、脳が不活性状態に陥るからです。

でもこればっかりは試験の性質上、誰にもどうすることも出来ませんよね。

そこで、普段から意識して暗記して欲しいことがあります。

「理解しながら暗記する」

これはかなり試験では重要です。

ただ単に、呪文のように何度も繰り返して暗記するのが多くの受験生が行っている方法です。

でもこれでは本番では思い出せない原因になってしまうのです。

なぜなら、左脳に頼った記憶に依存しているからです。

文字や言語といったものを中心にした能力が左脳にはあります。

短期記憶も左脳による働きです。

しかし、左脳だけでは長期記憶には中々結び付かず、強いストレスを感じる本試験では上手く機能しません。

そこで活用して欲しいのが右脳です。

右脳は知覚、完成の働きを司る働きがあり、多くの人間が右脳を活用出来てはいません。

そこで頻繁にクローズアップされるのが記憶術です。

中でも、「試験に受かるユダヤ式記憶術」では右脳の能力を十分に引き出しつつ、左脳も働かせる記憶法です。

右脳と左脳を活性化させ関連付けて長期的な記憶の定着を促します。

極度の緊張状態であっても、本当に思い出せると口コミ評価も高い記憶術です。

本番で実力を発揮できない、あがり症で、緊張するタイプの人には救世主となることでしょう。

まとめ


試験本番で実力を発揮するには、それなりの準備が必要です。

一筋縄では上手くいかないのが本試験なのです。

  • 勉強量
  • 体調管理
  • 前日の過ごし方
  • 試験のテクニック

様々なことに万全な体制で臨まなければ、試験で合格を勝ち取ることは難しくなります。

とは言え、試験の合否は点数次第。

どれだけ悪条件が重なろうと合格基準を満たす点数さえ取れれば問題ないのです。

覚えるべきことはきっちりと暗記することも重要です。

記憶術など活用し、試験本番で使える知識を身に付けてくださいね。

 

試験専用の記憶術!

ユダヤ式記憶術「試験に受かるユダヤ式記憶術」

-試験対策

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2020 All Rights Reserved.