試験対策

公務員試験のテキスト、参考書は中古本でも使えるのか?

更新日:

独学で公務員試験の為にテキストや参考書、問題集など色々揃えるとなるとかなりの出費になってしまいます。

1冊約2,000円としても、20冊新品の本を買うとざっと4~5万円は最低でも必要です。

それでも予備校代と比べれば安いと言えば安いのですが、出費は痛いところですよね。

「どうせ買うなら最新版を揃える方がいいんじゃないの?」テキスト代は試験合格への最低限の投資だという考えもあるのは確かです。

しかし、結論から言いうと、最新版のテキスト、参考書を必ずしも買い揃える必要はなく、中古本でも試験対策として十分使えます。

中古本だと10冊まとめて5,000円などとてもコスパが良く、大いに活用している人もいるのです。

そんな公務員試験用の中古本について詳しく検証していきます。

公務員試験のテキスト、参考書は新品?それとも中古?どっちが良いのか

公務員試験のテキストや参考書は多くの人が新品派で、テキストくらいは最新版を購入したいと思っています。

でも中古派の意見としては、実際に使ってみると「内容はほとんど変わっていない」「コスパが良いので中古でもOK」などの意見が見られます。

新品か中古に迷っている人はどのような基準で選んでいけばいいのでしょうか。

不安を感じるなら新品を購入しよう!

中古本でも公務員試験では問題なく使えると言われても、何かと不安を感じてしまうのが受験生です。

不安を抱えながら本番に臨むのであれば最新版を購入するのもいいでしょう。

受験勉強は長丁場になるため、不安要素は少しでも取り除いておくことが必要で、テキスト選びもその一つです。

「新品はお金がかかるからしょうがなく中古本を買うしかなかった…でも本当にこれで良かったのだろうか…」そんな不安を感じるくらいなら新品を購入してください。

一気に購入することが難しい人は、毎月数冊購入していくか、クレジットカードで購入し分割で払っていけばいいだけです。

要するに自分の気持ち次第ってことですね。

新品、中古にこだわるよりも勉強量が大切

とは言っても、中古本でも十分に公務員試験に対応できるので、節約したいなら新品を買う必要性は低いと言えます。

「中古本を購入したから不合格になった」なんて話をする受験生はいませんよね?多くは勉強のやり方や量、質が悪かったから合格出来なかったのです。

新品、中古品にこだわるよりも、どれだけの中身のある勉強をしているのかの方が重要です。

テキストにこだわる気持ちは痛いほど分かります。ただ、テキスト、参考書にこだわった割に消化不良だったり、勉強不足に陥ってしまう受験生は毎年のように落ちていきます…。

言うまでもないことですが、テキスト、参考書を購入しただけでは絶対に公務員試験に受かることはありません。

テキスト、参考書は使い込まれて初めて価値あるものに生まれ変わるのです。

中古では対応できない公務員試験の分野はあるの?

公務員試験においては中古本で勉強して見事合格を勝ち取った人もいるのは事実です。

中古本の最大の魅力はお金の節約になることですが、少し考慮しておかなければいけないことがあります。

どんなことに注意が必要なのでしょうか。

年度が古過ぎるものは避ける

中古本でも公務員試験には十分対応できると先ほどお伝えしましたが、あまりにも古い年度のものは避けるようにしてください。

10年以上前のものはさすがに内容が古くなったり、テキストの解説が分かりづらかったりすることもあります。

出来れば2、3年前のものを購入するようにするといいでしょう。

また、最新版でほとんど未使用のものも中古本では売ってあるので、それを購入する手もありますよ。

法律系、時事問題は最新版が望ましい

公務員試験のテキストは1年前のものでも実際のところ需要が少なく、かなり安く手に入れることが出来ます。

でも内容的には1年前と言ってもあまり変わり映えはしないです。

例えば、公務員試験の定番科目、「数的処理」を考えてみてください。毎年類似問題が色んな場所で使われています。

算数、数学などは時間の経過とともに変わるようなことはなく、最新版を買う必要は全くありませんよね。

ただし、法律系科目や時事用語などは型落ちでは若干、勉強効率が悪くなる場合があります。

法改正や日々変わりゆく情勢など刻々と変化していく科目は最新版を購入する方がより望ましいのは言うまでもありません。

とは言え、全く使えないことはなく、直前期の予想模試などで最新の知識は補うことが出来ます。そこまでナーバスになる必要はないのです。

中古本を買うなら通販でまとめ買い

最近では古本屋と言われる中古本を扱う書店が非常に少なくなってきました。実際に本を手に取り、中身を確認できるのは消費者にとってはとても助かります。

しかし、今や本を一冊買うのもネット通販で購入する時代です。本の中身まで見ることが出来るものもあります。

公務員試験では多くのテキスト、参考書が必要になり、その中身を全て確認するのは結構な労力が必要になってきます。

出来ればそんな労力を使いたくないという人は、評判の良いテキストをシリーズでまとめ買いするのが良いでしょう。

例えば、「クイックマスター」や「スーパー過去問ゼミ」など毎年多くの受験生が使用している評判の良いものを購入するようにすると安心感も同時に得ることが出来ます。

通販でテキスト類を購入するのであれば楽天が種類も豊富でかなり優秀です。

楽天カードを持っていれば購入もスムーズでポイント還元も嬉しいところです。初回に5,000円分以上のポイントが付与されるのでテキスト代に回してくださいね。

まとめ

公務員試験用のテキスト、参考書は中古本(3年落ちくらいまで)でも十分対応していて使えます。

法律系科目や時事科目などでは最新版を出来れば購入したい所ですが、それでも使えないことはありません。予想問題などで知識を補うようにしていきましょう。

そして、テキスト選びに迷ったら毎年多くの受験生が使っている評判のテキストをシリーズで購入することをおすすめします。

テキスト、参考書は買うだけで合格するなんてことは絶対にありません。どれだけ使い込むかが合否を左右するのです。

【公務員試験短期合格メソッド 沢村弘樹】口コミ、評判、効果を徹底検証!!

Contents1 民間より公務員を選ぶ人が急増中1.1 公務員の安定した給与とやりがい2 公務員試験の難易度を検証2.1 難易度S級の公務員試験2.2 難易度A級の公務員試験2.3 難易度B級の公務 ...

続きを見る

-試験対策

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2019 All Rights Reserved.