生活

【ストーカー対処方法】元彼につきまとわれて怖い、困っている被害女性…

更新日:

Contents

ストーカーになりやすい男の特徴

当然ですが、初めからストーカーになろうと思ってストーカー行為をする男性はいません。女性にフラれたり、別れを告げられることによってストーカー行為に及んでしまうのです。

ではどんな男性がストーカーになりやすいのか考察してみました。

嫉妬深い

これは想像が付く人も多いのではないでしょうか。

やたらめったら「誰と会ったの?」「誰がいたの?」なんて聞いてきたり、女性の携帯、スマホをチェックしてしまう男性はストーカーに変貌する恐れが多分にあります。

執着心が強く、恋人は自分だけのものだと考えてしまうのです。確かに交際すれば多少の嫉妬は必要です。でも度が過ぎる嫉妬はとても危険なサインだと認識してください。

電話、メールが異常に多い

嫉妬深さに関連がある事柄ですが、電話やメール、LINEが異常に多く、直ぐに返信しないと逆上することもあります。そういう男性は十分気を付けて交際してください。

突然怒りだしたり、情緒不安定な男性も中にはいます。あまりにもしつこい電話やメール等をする男性はストーカー気質があると言えます。

友達がいない

交友関係が狭かったり、友人が全くいないか、いても少ない男性は恋人に友人としての感情も持っています。別れを告げられると同時に、友人、恋人、両方を失うことになります。

そういう意味で友達が多いというのはそれだけでストーカーになりにくい男性です。友人がいない男性には注意が必要ですね。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ないと「もうこの女性しかいない」「この恋を絶対に手離したくない」という感情が高まります。今の恋愛が上手くいっていないことに気付かないこともあります。

言い方はよくないですが、中学、高校、大学、社会人と段階的に恋愛をしてきていない男性は別れることに非常に恐怖心を抱いてしまいます。

直ぐに他人のせいにする

ストーカーをする男性は、他人の気持ちは二の次で自分の気持ちを正当化することでストーカー行為を行っています。自分は悪くないんだと思ってしまうのです。

よく他人の悪口や愚痴ばかり言っている男性は別れた後にストーカーになりやすいです。

ストーカー被害に遭わない別れ方

あいまいな別れ方はしない

男女が交際すれば別れもつきものです。別れ話をするのは誰でも嫌なことですが、しっかりと自分の意思を伝えることは新たなスタートを切るには絶対に必要なことです。

中にはあいまいな別れ方や別れ話をしたり、自然消滅のように突然目の前から消えてしまう女性もいます。

これはとても危険な別れ方です。あいまいなまま別れてしまうと男性はまだ付き合っていると思い込んでしまいます。その状態で新しい彼氏を作れば逆上しかねません。

別れる時は、きっぱりと別れを告げるようにしてください。元彼のためでもあります。

別れたら絶対に会わない

男性は別れても元彼女と会うことに抵抗がありません。女性はそんなことは無いのですが、男性は元彼女を自分の女だと思っています。

だから、元彼に会おうと言われても絶対に会わないでください。会うことで再度、交際を迫られることもあり非常に危険です。

好きな気持ちがあっても「まだ好き」って言わない

男女が別れる理由は様々です。でも交際していたということは一度は本気で好きになった二人です。「好き」という気持ちが完全に消えるわけではありません。

特に男性は一度交際した女性をいつまでも心の中に温存してしまう傾向があります。

本当はまだ好きな気持ちが残っていたとしても男性の前では「まだ好き」という言葉はご法度です。些細な一言が元彼をストーカーに変えてしまうことを認識してください。

警察はストーカー規制法により警告、逮捕が出来る

警察は民事不介入って本当?

民事不介入の原則というのは「警察は犯罪とは関係のない個人間の紛争には立ち入りません」というものです。暴力など明確に刑事事案に発展する要件が存在しない場合は、事情聴取などを行って情報収集に務めることになります。

ストーカー規制法で警察も動かなければいけなくなった

ストーカー規制法が制定される前は、民事不介入の間違った認識が警察には確かに多い状況でした。しかし、規制法が施行されてからは、場合によっては事件の発生を未然に防がなければいけなくなったのです。条文にも被害者からの要請があれば警告、禁止命令を発しなければいけない旨が記述されています。

以下はストーカー規制法に基づく警察の警告、禁止命令等の推移です。ストーカーの増加傾向は今後も続くものと思われます。

そもそも犯罪が起こってからでは遅過ぎます。犯罪が起こる恐れがある事案では警察の積極的な介入が必要な時代になってきています。

護身用売れ筋商品

警察に相談すればそれで大丈夫ってことでは決してありません。自分の身は自分で守ることも大切です。

最近では防犯意識も高まってきて、防犯グッズも軒並みよく売れています。防犯ブザーとスタンガンが一緒になった持って安心電撃とブザーのような商品がいざという時にとても役にたちます。

安心して生活するために防犯グッズは備えておいてください。自分には関係ないなんて思っていたら大きな間違いです。備えなければ自分の身を守ることは絶対に出来ません。

ストーカー規制法に抵触する行為

ストーカー規制法が規制している対象はつきまとい等ストーカー行為です。これらの行為を受けた場合は警察から「警告」や「禁止命令」を発してもらうことが出来ます。

ストーカー規制法の「つきまとい等」とは?

具体的にどんな被害を受けたら警察に相談したらいいのか分からない人もいるかもしれません。

一つ言えることは、身の危険を感じたら直ちに最寄りの警察署に相談する必要があるということです。一人で抱え込まないでください。

以下は相手方からの被害項目です。これらをチェックし該当するようであれば警察に直ぐに相談していきましょう。危険が切迫しているのであれば弁護士への相談も必要になってきます。

つきまとう
待ち伏せ
押し掛ける
うろつく
行動を見ていると言ってくる
交際、復縁を強要する
乱暴な言動
無言電話
何度も電話をかけてくる
しつこくFAX、メールをしてくる
汚物を送ってくる
名誉を傷つける
わいせつ写真の送付
卑猥な言葉を電話、手紙で言ってくる

桶川(おけがわ)女子大生ストーカー殺人事件

桶川ストーカー殺人事件とは?

女子大学生が元交際相手の男と他数名の犯行グループから嫌がらせ行為等を受け続けた末、1999年10月26日に埼玉県桶川市のJR東日本高崎線桶川駅前で殺害された哀しい事件です。

この事件がきっかけとなり、2000年にストーカー規制法が制定されました。

被害者女性と加害者男性は交際をスタートした

1999年1月に跡見学園女子大学二年の矢野香織さん(当時21歳)と加害容疑の小松和人(当時26歳)は大宮のゲームセンターで知り合い交際することになった。小松は香織さんに当初から偽名を使ったり、年齢、職業を偽っていたりしていたのだが、実際に小松は無許可の違法風俗店を経営する裏社会の人間であった。

交際当初は週に数回会う程度の交際だったが、徐々に親密な関係性となり小松は頻繁に高価なブランド品を贈るようになると、何か怖さを感じ香織さんは受け取りを拒否することになる。小松はそれに対して逆上したり、普段から情緒不安定な面も多く疑念の目は益々膨らむことになる。

ある日車のダッシュボードを開けると本名が書かれたクレジットカードが見つかる。また、ある日暴力団員風の男と話をしている姿も香織さんは目撃し小松への不信感を強めていった。

別れたくても別れてくれない男性

3月20日、小松のマンションを訪れた香織さんは部屋にビデオカメラが設置されていることに気付いた。これを問うと小松は逆上し暴力をふるうことがあった。「俺にさからうのか?なら今までプレゼントした洋服代として100万円払え。払えないならソープに行って働いて金を作れ。今からお前の親の所に行くぞ。俺との付き合いのことを全部ばらすぞ」などと暴言も吐いている。

このことをきっかけに香織さんは交際を拒絶すれば殺されるかもしれないと思うようになった。これ以降、小松は頻繁に電話をしてきたり、香織さんの行動を監視するなど束縛を強めることになる。

3月30日、香織さんは家族、友人に遺書を書いた上で小松と別れ話をする。小松は香織さんの家族にも危害を加えることを仄めかすなど交際継続を強要していた。家族には心配をかけたくない思いから交際を継続する香織さん。唯一、この交際を知っていたのが友人だった。しかし小松の影は友人にも飛び火し、徐々に不審な電話が頻繁にかかるようになっていた。

何度も別れ話を小松に持ちかけた香織さんだったが、家族への危害や香織さんへの殺人を仄めかし交際を強要し続けた。香織さんはこの時にも何度も友人に相談しており、「刺されるかもしれない」と本気で思うようになっていた。

家族に経緯を打ち明け、警察に相談するも取り合ってもらえない

6月14日、香織さんは小松に対して本気の別れ話をした。この時、初めてこれまでのトラブルを家族に打ち明けることになった。この日の20時頃、小松と他2人が香織さん宅に訪れ「小松が会社の金を500万円横領した。お宅の娘に物を買って貢いだ。精神的におかしくされた。娘も同罪だ。誠意を示せ」などと母親に対して迫ってきた。途中で父親も帰宅ししばらく言い合いが続いたのち3人は帰っていった。

6月15日、これまで香織さんが小松とのやり取りを録音したものを持って、家族は上尾署に行き被害の状況を伝えたのだが、応対にあたった署員は「これは事件か民事の問題か、ぎりぎりのところだね」「3カ月ほどじゃ相手の男も一番燃え上がっているところだよね」などと言い脅迫、恐喝とは認められないことを伝えてきた。また、署員は「民事のことに首を突っ込むと、後から何を言われるか分からないんでこちらも困るんですよ。また何かあったら来てください」と家族の捜査要求を退けたとされる。

6月21日、香織さんはこれまでに小松から貰ったプレゼントを小松に返した。父親は「荷物は送り返しました。これからもよろしくお願いします」と上尾署に挨拶に訪れた。後の裁判での警察の主張によると、このとき父親は「無事終わり、ひと安心です。こんなもので悪いのですが」と言いながら菓子折を差し出したと言っているが、父親はそうした事実は一切なかったと主張しており警察と被害者家族との話に大きな食い違いがあった。

加害者のストーキングはエスカレートするも警察の怠慢捜査は続く

プレゼントの返送があってから小松は香織さんを殺害する計画を始めた。香織さんの周りでは無言電話や自宅近辺での張り込みなど嫌がらせ行為がどんどんエスカレートすることになる。

7月13日、香織さんの顔写真が入った誹謗中傷ビラが自宅付近、通学先、父親の勤務先などに大量にバラまかれた。母親は上尾署に行き被害を訴え小松の逮捕を求めたのだが刑事課長は「警察は告訴がなければ捜査できない」、「嫁入り前の娘さんだし、裁判になればいろいろなことを聞かれて、辛い目に遭うことがいっぱいありますよ」、「告訴は試験が終わってからでもいいんじゃないですか」などと言いあまり乗り気ではなかった。母親は「今日告訴しますからお願いします」、「なぜ延ばすんですか」などと言ったのだが結局、告訴には至らなかった。

7月20日、香織さんの名前、顔写真、電話番号が記載されている「大人の男性募集中」とういう文言が書かれたカードが高島平団地の郵便受けに大量に投函された。これを見た複数の男性から電話もかかってきた。

7月22日、試験期間が終わった香織さんと母親は告訴をするため上尾署を訪れたが、担当者不在を理由に後日再訪するように言われた。29日に告訴状は受理された。

8月23日、香織さんの父親の勤務先と本社に誹謗中傷する内容の文書が数百枚送付され、父親は上尾署を訪れたのだが、刑事課長は「これはいい紙を使っていますね。封筒にひとつずつ切手が貼ってあり費用が掛かっていますね。何人かでやったようです」と言った。小松の逮捕を強く要求したが「それはケースバイケースです。こういうのはじっくり捜査します。警察は忙しいんです」と軽くあしらう様子をみせた。

他にも告訴状を故意に取り下げるよう求める署員の動きがあったりする中で、香織さんは友人に対し「私、本当に殺される。やっぱり小松が手を回したんだ。警察はもう頼りにならない。結局なにもしてくれなかった。もうおしまいだ」などと話していた。

被害者女性が殺害され、加害者男性は自殺

プレゼントの返送があってから、小松は香織さんの殺害を計画し2,000万円の報酬を元暴力団の男らに提示して香織さんの殺害を依頼した。

10月26日、殺害実行役、輸送役、見張り役の3人が池袋に集合し、午後9時頃に桶川に到着、桶川駅へ移動した。午後0時53分頃駅前に自転車を停めた香織さんは桶川駅西口前の商業施設前の路上で上半身の2カ所を刺され、大量出血により午後1時30分に死亡が確認された。

12月19日、20日と犯行グループはいずれも殺人容疑で逮捕された。小松は名誉毀損容疑で全国に指名手配されたが、2000年1月27日、北海道の屈斜路湖で水死体で発見される。遺書もあり自殺したとされる。2月23日に被疑者死亡のまま起訴猶予処分となり、小松が責任を問われることはなくなったのだ。

被害者女性の誤った情報

警察が事件の第一報を発表した時、香織さんの所持品について「グッチの腕時計」、「プラダのリュックサック」があると発表しており、警察の怠慢捜査に注目が集まらないように意図的に情報を流したという意見もある。しかし、それによって、香織さんが「ブランド狂いだった」、「風俗店に勤務していた」などと正確性に乏しい嘘の情報が拡散されていき、家族も苦しめられることになった。

のちに警察の実態が明るみに出ると、最終的には埼玉県警は「仮に名誉毀損事件の捜査が全うされていれば、このような結果は避けられた可能性もあると考えると、痛恨の極み」と謝罪した。しかしもう香織さんの命が返ってくることはない。この事件と警察の実態が明るみに出たことで規制法が制定されたとは言えやるせない気持ちになってしまいますね。

無くならないストーカー被害

桶川女子大生ストーカー事件の後も女性のストーカー被害は無くなることはなかった。どんな法律を制定しても、どんなに警察が警備を強化しても100%被害を無くすことは当然不可能です。そこには男女の恋愛感情のもつれも当然含まれるからです。

ストーカー規制法の適用も年々右肩上がりです。

警察庁の調べによると平成28年度の警告が3,562件、禁止命令が173件となっており、相談件数は更に多いことが分かります。

それだけストーカーに苦しめられている女性が多いという証拠です。

自分の身を守るために出来ることは全てやっていってください。安心して暮らせる社会になってもらいたいですね。

ストーカー対策は探偵が最適

ストーカー規制法が制定されているとは言え、法律に抵触する行為や事件性が無いと判断されれば、警察は動きません。正確に言うと、動けないのです。

警察では被害相談は聞いてくれますが、全てに介入出来ません。民事の全てに介入することは違法なことだからです。どうしたら解決出来るのでしょうか。

ストーカー被害の多くは恋愛のもつれ

ストーキングをする多くは交際相手、もしくは、元交際相手です。以下の警察庁の調査を見ても、圧倒的に交際相手がそのままストーカーに変貌することがわかります。

とても複雑な心境ですが、恋愛のもつれからストーカー被害は発生していくのです。

交際当初は順調に愛を育んでいた二人が、いつしか加害者と被害者の関係になるのはよくあることで、上手くいっていても、いつ恋愛が憎悪になるか分からないのが恋愛関係だと言えます。

ストーカー被害に遇ったらどうしたらいいの?

ストーカー被害に遇った時、または遭う可能性が高い時、素早い行動が今後の被害を未然に防ぐことにも繋がります。

そのまま放っておくと、事態が益々悪化することも考えられます。でもどこで相談すればいいのか多くの人は分からないものです。以下は一般的な相談相手、相談場所です。

友人
  •  (メリット) いつでも何でも相談できるのが親しい友人です。
  • (デメリット) 何でも相談できる反面、ストーカーに対処する方法が分からないことが多くあり、間違った対処法をすると、事態をさらに悪化させる可能性もあります。
家族
  •  (メリット) 家族なので一番親身になってくれます。親はどんなことがあっても子供を守ろうと思うものです。
  • (デメリット) 交際相手や元交際相手の相談を両親や家族には話し辛い面があります。被害が甚大になってからでは手遅れになることも過去の事件ではありました。
警察
  •  (メリット) 被害の相談も無料で出来ます。法に乗っ取り加害者を確保することも出来、最終的に動いてくれるのは警察です。
  • (デメリット) 法律に載っていない加害者の行動は抑制出来ません。捜査が行われるまでに時間がかかることもあります。人によってはお役所仕事で冷たい対応だと感じることもあるでしょう。
法律家
  •  (メリット) 法律家は法律を使い、被害者を守ってくれます。親身な相談は法律家の特徴です。
  • (デメリット) 法律相談をする際はどうしても料金が発生することが多く、依頼するにも高額な費用がネックとなり躊躇してしまう人も少なくありません。初回無料相談を行っている所がおすすめです。
探偵
  •  (メリット) ストーカー被害に詳しい探偵はストーカーのスペシャリストです。警察、法律家とも繋がっていて、総合的に被害者を的確に守ってくれます。
  • (デメリット) 料金体系もまちまちで、何より信頼できる探偵を探すのが難しい。

このように色んな所に相談することが出来ます。それぞれメリット、デメリットがあるのでどこが良いとは一概には言えませんが、まずは一人で抱え込まないことが大切です。

探偵ってよく分からない!?信頼出来る探偵探し

探偵事務所の仕事

探偵と聞くと、TVドラマやアニメでは見たことあるけど実際はどんな仕事をしているのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。

探偵業法という法律に記載されていますが、

他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。

それが探偵の業務です。

探偵依頼の流れ

探偵に依頼した時の流れを簡単に説明していきます。

探偵に被害状況を相談する

加害者の実態調査や素行調査の提案をする

調査契約を締結、料金の説明

調査開始する

調査結果を依頼者に報告する

料金の支払い
(着手金が必要な探偵事務所もあります。)

全国を拠点とした明瞭会計の探偵

探偵事務所によって料金体系がバラバラなので、明瞭会計な探偵を探してください。

とは言っても一度も探偵に依頼したことがない人にとって、ベールに包まれた探偵探しは非常に難しいものです。

あえて言うなら原一探偵事務所が口コミもよく評価も高いです。

「匿名」かつ「無料」で相談出来るので、分からないことや不安に思っていることは納得できるまで説明を受けることが出来ますよ。

「探偵事務所に行くのはちょっと…」「電話でも相談しづらい…」そんな人は匿名でメール相談できます。

ストーカー被害は深刻な状況になる前に早めの対策が必要です。実績・実績豊富な探偵社にまずは相談することからストーカー対策は始まるのです。


-生活

Copyright© お悩み解決モンくまnets , 2018 All Rights Reserved.